脂漏性角化症

脂漏性角化症とは

脂漏性角化症とは、中高年から老年層の人の肌にできる良性の腫瘍のことです。 遺伝的体質や日光の影響による肌の老化が脂漏性角化症の原因とされています。

脂漏性角化症は、足裏と手のひら以外の肌表面に発生しますが、特に顔、胸元、背中にあらわれる確率が高くなっています。 数ミリの小さなものから3センチくらいの大きなものまで脂漏性角化症のサイズは様々で、少し盛り上がっていたり、しこりのような硬さがあるものなど特徴も分かれます。

ただ、ザラリとした触感を持ち、毛穴に汚れが詰まっているかのような黒い色であるというのが共通しているので、脂漏性角化症を見分けるひとつの目安となっています。

脂漏性角化症らしきものを発見した場合は、医師の診察を受けてください。触診の他に拡大鏡を用いて確認するダーモスコピー検査で診断をします。 レーザー照射や電気メスでの切除、凍結療法などで脂漏性角化症を治療することは可能です。