老人性色素斑

老人性色素斑とは?

老人性色素斑とは、顔や手、腕など紫外線を浴びやすい部位に出来る直径5oから20oくらいの褐色のシミのことです。

 

丸い形やいびつな形のシミが、30代〜40代の中年期以降から複数出始めるとされています。
長年に渡り蓄積された紫外線の影響が、肌の表皮に存在するメラニン細胞を活性化させることで老人性色素斑となってあらわれます。
つまり、若い時のツケが年を重ねて影響が出てきているということです。

 

老人性色素斑らしきものが肌にあらわれた場合は、普通のシミでしたら問題ありませんが、異常と思われる場合は心配な方は念のため皮膚科医師の診察を受けてみてください。まれに皮膚がんのもとである日光角化症の場合もあるため注意が必要です。

 

老人性色素斑ができてしまっても治療を行うことができます。レーザー治療、ケミカルピーリング、美白作用のある外用剤などがあります。
治療後はこれ以上老人性色素斑を増やさないためにも、紫外線をブロックする日焼け止めを欠かさないようにしましょう。