メラニンの生成

メラニン色素の生成を抑える!

メラニン色素の生成を抑えるには、メラニン色素の生成元であるメラノサイトの活動を阻止することが必要です。

 

メラニン色素は、紫外線や加齢、ホルモンバランスの乱れなどから活性酸素が発生することにより、
メラノサイトの中でチロシナーゼ酵素がチロシンと結びついて生成されます。

 

一方、美白作用を持つ成分は、活性酸素の発生を阻止したり、チロシナーゼ酵素を破壊する作用を持っています。
つまり、美白作用を持つ成分を肌に塗布したり服用することで、メラニン色素の生成を抑えることができます。
メラニン色素の生成を抑える美白成分は、ビタミンC、アルブチン、ハイドロキノン、エラグ酸、トラネキサム酸などが有効とされています。
基礎化粧品やサプリメントなど一般の店で購入できるものや、医療機関で処方される高濃度の治療薬まで様々なものがあるので、
肌の悩みの程度に合わせて選択してください。