シミのもとメラニン色素ができるしくみ

メラニン色素ができるしくみとは?

肌に褐色の斑ができるシミの元は、メラニン色素です。

 

紫外線を浴びることにより色素細胞であるメラノサイトが活性化します。
メラノサイトの中のチロシンという物質がチロシナーゼ酵素と融合することで、メラニン色素が肌の基底層で生成されます。

 

生成されたメラニン色素は、肌の内部で少しづつ蓄積され、やがて角質層に押し上げられます。
肌のターンオーバーが正常であれば、古い角質と一緒にメラニン色素も排出されるのですが、紫外線は肌の新陳代謝を阻害する作用も及ぼします。
紫外線の影響により排出されなかったメラニン色素が、シミとなって肌にあらわれるのです。

 

シミの元であるメラニンを予防するには、まずは日焼け止めや、日傘、帽子などで紫外線をブロックして
メラニンを生み出すメラノサイトの過剰な活動を止めることが必要となります。