シミのレーザー治療

シミのレーザー治療について

シミはレーザー治療で改善することが可能です。
ただし、シミには、生まれ持った体質から出来るそばかす、加齢に伴う肝斑や老人性色素斑、日焼けが原因の花弁状色素斑といった様々な種類があるためシミのタイプを見極めたうえで適したレーザー治療を行うことが重要です。

 

例えば、Qスイッチルビーレーザーは、シミのもとであるメラニン色素を破壊する作用があるため、照射することでシミをかさぶたにして剥がれ落ちさせる作用があります。特に老人性色素斑や花弁状色素斑に高い効果を発揮しますが、肝斑にQスイッチルビーレーザーを使用すると却ってシミの色が濃くなることもあります。

 

また、シミのレーザー治療にはフォトシルクプラスというものもあり、光の熱によりメラニン色素を分解するだけでなくコラーゲン生成の活性化も促します。
他のレーザー治療が困難だった肝斑も、フォトシルクプラスを照射することで改善効果があります。

 

まずは医師の診察とカウンセリングを受けてから、ご自身のシミに合うレーザーの種類や回数を決めてください。