かんぱん(肝斑)

肝斑とはどのようなシミ?

肝斑とは、肌表面にあらわれる淡い褐色の斑のことで、いわゆるシミです。 中高年特有の症状とされていますが、早い人は20代後半から肝斑ができることもあります。

肝斑は、頬の両側やまぶた、こめかみ、目の下などの部位に左右対称にあらわれることが特徴です。 紫外線の影響を受けたメラノサイトの過剰な活動によるものや、 妊娠中の女性ホルモンの活性化がもとになるもの、肝機能の低下によるもの、ストレスなどが肝斑の原因となっています。

肝斑の治療は、ビタミンCの外用、内服、イオン導入や、ケミカルピーリング、あとハイドロキノンやトレチノイン酸の外用などがあります。 また、毎日日焼け止めを塗布することで、紫外線の悪影響から肌を守ることも必要です。