ケミカルピーリング

ケミカルピーリングはシミを消す効果がある?

ケミカルピーリングは、古くなった角質を酸性の薬剤で溶かして除去することで、肌のターンオーバーを高めて新陳代謝を促す手法です。

 

フルーツの酸であるグリコール酸や、植物から抽出されたサリチル酸などがケミカルピーリングに使われる薬剤ですが、肌の弱い人や皮膚の薄い人には刺激が強いこともあり、赤みや皮ムケなどのトラブルが起きることもまれにあります。

 

近年は、サリチル酸をマクロゴールという医薬品添加物と混ぜるサリチル酸マクロゴールピーリングが主流となることで、肌タイプに関係なく安全にケミカルピーリングが受けられるようになっています。

 

ケミカルピーリングはニキビや毛穴への効果を謳われることが多いですが、シミにも効果があります。
紫外線を浴びた肌は、保護のためにメラニン色素をたくさん生成します。

 

ターンオーバーが正常であれば生成されたメラニン色素も排出することができますが、紫外線はターンオーバーを阻害する作用もあるため、肌に残ったメラニン色素がシミとなって肌表面にあらわれます。

 

ケミカルピーリングを行うことで肌のターンオーバーが促されるので、メラニン色素も一緒に取り去られてシミの改善につながるのです。